長距離運転のコツ

高速道路の整備が進んでいること、また大型フェリーの運航が盛んに行われていることから自動車で長旅を行う予定がある方もいることでしょう。普段から長距離を運転されているのなら何も心配はありませんが、長距離運転に慣れていない、また高速道路に慣れていない場合はちょっとしたコツを覚えておくだけで安心して旅を楽しむことが出来ます。

長距離を運転されるときは必ず「最低でも2時間ごとに休憩を取ってください」。自動車の運転は本人が思っている以上に神経を消耗します。特に高速道路の場合、単調な風景が続くため、睡魔も襲ってきます。合間に休憩を取ってストレッチを行ったり、仮眠をとったりして神経をリセットしましょう。そのためには時間に余裕を持って行動しなければいけませんよ。

また、長距離を運転する前はお腹いっぱい食事をとることは極力避けてください。確実に眠くなります。高速道路で居眠り運転は自殺行為です。腹5分程度に抑えて、空腹を回避するためにガムやアメをなめたりして対処してください。長距離運転は途中でいろんなイベントに遭遇したり、いろんな経験に出会う事もあるので結構楽しい物です。良き思い出となるように気を付けて運転しましょう。

車 故障